バリューサーバーでWordpressを使ってみた!

バリューサーバー

バリュードメインのバリューサーバーは簡単にWordpressの設定をすることができるので、初心者がWordpressを使う場合でも安心です!

この記事では、バリュードメインのバリューサーバーを使っている場合のWordpress使用方法をご紹介しているので、バリューサーバーを借りていない方は、そちらへの登録が先になります。

ご登録がまだの方は以下の記事に登録手順が書いてあるので、こちらを参考にまずは登録から始めてくださいね。

バリュードメインを登録する
バリュードメインでバリューサーバを借りる

バリューサーバーのWordpress設定方法

バリューサーバーでWordPressを設定するには

・ドメイン
・データーベース

この2つが必要です。

というのも、バリューサーバーではドメインにWordpressの設置はできても、そのデータをためておくところ(=データーベース)は自動的に作られないからです。

※サーバーによっては、ドメインだけ設定すればデーターベースも自動的に作ってくれるところもあります。

ですので、バリューサーバーでは、以下の2つの手順をクリアすればWordpressを使えるようになります。

①ドメインを設定する
②データーベースを設定する

まずは①のドメインの設定から行っていきましょう!

バリューサーバーにWordpressのドメインを設定する

今回は「http://www.kozooo.biz/」というURLに、Wordpressを設定してみようと思います。

①バリュードメインにアクセスして「ログイン」をクリック

②ユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」

③サーバーから「バリューサーバー」を選択

④使うサーバーの「ウェブ」をクリック

⑤するとこのような画面が表示されます。(初期状態)

バリューサーバでWordpressを使う

ここに使いたい独自ドメインを設定していきます。


・・・ですが、その前に、一番上の「Main」の欄について説明します。

バリューサーバーに登録した際に、提供されたドメインってありますよね?

「■■■.○○.valueserver.jp」のようなドメインです。

「Main」部分には、通常、バリューサーバーから提供されたドメインを設定します。

提供されたドメインを今後使用する予定があるのであれば、Mainにはそのドメインを入力してください。

ただ、個人的には、バリュードメインから提供されたドメインは独自ドメインではないので、いつも使っていません。

「valueserver.jp」のドメインを使わない場合には、Mainには「blank」と入力します。

使う・使わないは自由ですので、お好きな方を選んでくださいね。

今回は「blank」を入力しておきます。

バリューサーバでWordpressを使う

本題に戻りますが、

購入した独自ドメインはMainではなく「Sub1」以降に入れてください。

ですが、ここでまた注意点があります。

URLに「www」があるときとない時で、設定方法が違うんです。

それぞれのURLについて設定方法をご説明します。

★URLに「www」がない場合の設定方法

実際に使用するURLは「http://www.kozooo.biz/」なのですが、このURLが「http://kozooo.biz/」だと仮定して説明していきます。

・先ほどの画面のSub欄に「kozooo.biz」とだけ入力します。

このようになります。

・入力後、画面下部の「ドメイン設定をする」をクリックすればOK!

☆URLに「www」がある場合の設定方法

・今回使用するURLは「http://www.kozooo.biz/」ですが、入力するのは「www.kozooo.biz」のみです。

バリューサーバでWordpressを使う

このようになりますね。

・その後、すぐ下のSub欄に、wwwを取ったドメイン名(ここではkozooo.biz)を入力します。

このようになります。

「転送先URL」に「http://www.kozooo.biz/」と入力し、さらに一番右の「NoDir」の欄にチェックを入れます。

このようになればOKです!

なぜこのような設定をする必要があるの?

ちょっとややこしくなりますが、もともと「www」がないURLの場合は「www」がついていても同一サイトだと認識されるので、面倒な設定が要らないのですが、もともと「www」がついているURLは「www」がついていないURLと区別されてしまうんです。そのため「www」があるURLの場合は、仮に「www」がないURLで検索されてしまっても大丈夫なように、転送先のURLを設定しておくんです。

「NoDir」ってなに?

「NoDir」=「ディレクトリを作成しない」という意味。ディレクトリとは、簡単に説明すると「サーバー内に作られるそのドメイン固有のフォルダ」です。ディレクトリは1つのドメインに対して1つだけで良いので、転送先URLを設定した場合には必ず「NoDir」にチェックを入れるようにしてください。

・最後に、画面下部の「ドメイン設定をする」を押して終了です。

以上でドメインの設定は終了になります!

ドメインにWordpressをインストールする

続いて、ドメインにWordpressをインストールしていきます。

①先ほどドメインを入れた「バリュードメインコントロールパネル」の画面を開き、左側メニューの「CMSインストール」を選択

②「WordPress」が表示されるのでクリック

バリューサーバでWordpressを使う

③このような画面が表示されます

④WordPressの設定欄に、使用したいドメインのアドレス部分のみを入力し「インストール」をクリック
「http://www.kozooo.biz/」であれば「www.kozooo.biz」の部分

バリューサーバでWordpressを使う

正常に送信されましたと表示されれば完了です!

バリューサーバでWordpressを使う
⑤ドメインにWordPressが設置されているか確認する

・ちゃんとインストールができたかどうかを確認するには、バリューサーバーの「FTP」→「ファイルマネージャ」を見ます。(※コントロール画面左側にあります)

バリューサーバでWordpressを使う

どっちのボタンを押せばいいの?

基本的には左の「ファイルマネージャにログイン」でOKです。
SSLとは通信を暗号化する仕組みのことで、WEBサイト上の情報がむやみに盗み見られないように保護するものです。見分け方としてはhttpのあとに「s」がついているサイトは「SSLモード」になっています。
ただし、SSLモードは暗号処理を行っているので、通常よりもPCに負担がかかっています。そのため、画像にも注意書きがありますが、SSLに対応してない場合や処理に時間がかかるような作業をするときには、非SSLモードにしないといけないわけですね。

・バリュードメインのファイルは「public_html」に入っているので、ここをダブルクリック

・登録済のドメインが表示されるので、先ほどのドメインをクリックします

・このようなファイルが入っていれば、Wordpressのインストールが成功です!

作業はあと半分です!

コーヒータイム

ドメインの設定お疲れさまでした!
慣れないと結構大変な作業ですよね。

ですが、これで終わりではありません。

バリューサーバーでWordpressを実装するには、もうワンステップが必要になります。

「データベースの設定」です。

これからデータベースの作業を説明していくのですが、最初にもお伝えしているように、データベースの設定が必要なのはバリューサーバーだけです。

他のレンタルサーバー(さくらサーバーやエックスサーバーなど)は、ドメインの設定だけで自動的にWordpressが使えるようになります。

もし、データベースの作業工程を見て、大変そうだなと思うときには、バリューサーバーではない別のレンタルサーバーの使用を検討してみても良いですね。

レンタルサーバーの料金や特徴などは、こちらの記事にまとめてありますので気になる方はご覧ください。

レンタルサーバーの選び方
エックスサーバーの登録方法

では、バリューサーバーでの設定を続けていきますね!

ドメインにWordpressのデータベースを設置する

まずは一度、先ほどのドメインをWEB上で表示させてみます。

このような画面が表示されていれば、Wordpressのインストールは成功しているのですが、この状態で「さあ、始めましょう!」を押すと・・・

このように「データベース」の情報を要求されます。

この部分の設定をこれから行っていきます!

①バリューサーバーのコントロールパネルから「データべース」をクリック

②「MySQLの追加・編集」をクリック

MySQLって?

MySQL=データベースです。1つのワードプレスに対して、1つのMySQLを設定します。

③MySQLを追加(編集)する

個人情報を消しているので見にくくて申し訳ないのですが、一番上の欄にはあなたのユーザー名が書かれていると思います。

2番目以降の欄にも、一段目にはユーザー名が書かれていて、その下には空欄になっているグレーの枠がある状態になっています。

初めてデータベースを設定する場合には一番上のユーザー名をそのまま使ってOKですが、2つ以上設定するときには、グレーの枠に自分で決めた名前を入れて「ユーザー名_〇○」というデータベースを作ります。

これによりWordpressが区別されて、それぞれのドメインでWordpressが使えるようになります。


では設定方法に戻りますが、データベースには「ユーザー名」と「パスワード」が必要になります。

初めて設定する方は一番上の欄を使うので、すでにユーザー名は決まっている状態ですが、パスワードの欄は空白なので、そちらにパスワードを設定してください。

パスワードは4~15文字で設定するのですが、設定したら必ず、ユーザー名と一緒にメモしておいてください。

パスワードを忘れてしまうとWordpressにログインできなくなってしまうので、くれぐれも気を付けてくださいね。



④ユーザー名とパスワードが設定できたら、画面下の保存をクリックするとデータベースが設置できます。

文字コードについて

文字コードは3種類から選択できます。
初期設定だと「UNICODE(UFT-8)」になっていると思いますが、そのままでOKです。というのも、WordPressで使われている文字コードが「UNICODE(UFT-8)」だからです。
文字コードは、使うツール(ここではワードプレス)に合わせないと、文字化けやログインできないなどの不都合が起こります。

⑤使うドメインを表示させて、Wordpressのデータベース情報入力画面を開きます

⑥データベース名・ユーザー名・パスワードを変更⇒「送信」

各項目の入力について

データベース名・ユーザー名:どちらにもバリューサーバーで設定したユーザー名を入力
パスワード:バリューサーバーで設定したパスワードを入力
ホスト名・テーブル接頭辞:変更しない

⑦インストール実行をクリック

⑧必要情報を入力する

注意!

下の画面が表示されているときは、セキュリティがとても弱い状態にあります。もし万が一、この状態で誰かが自分のドメインを検索したら、その人にも同じ画面が表示されるからです。第三者が自分より先に入力をしてしまったなら、もうあなたはログインできなくなってしまうのです!!
なので、この画面になったら、なるべく早く必要事項を設定してください。
サイトタイトルやユーザー名などはいつでも変更できるので、とりあえずのもので大丈夫ですよ。

パスワードはワードプレス側が提案してくれたものを使うと安心です。もちろんご自身で設定しても構いません。どちらにしても忘れないようにメモしておきましょう。

 

⑨入力できたら「WordPressをインストール」をクリック

⑩ログインをクリック

⑪設定したユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力して「ログイン」

⑫これでWordPressが使えるようになりました!

設定は以上になります。お疲れさまでした!

バリューサーバーでWordPressを始めよう!

バリューサーバーでワードプレスを使う方法をご紹介しました。

はじめてだとわからない言葉や操作もあると思いますが、手順に沿って設定していけば、初心者でもあっという間にワードプレスが使えるようになります!

バリューサーバーは、他のレンタルサーバーに比べると少し設定することが多いですが、料金が安いのにドメインやデータベースがたくさん作れるサーバーなので、当サイトではバリューサーバーをおすすめしています。

他のサーバーも気になる方は、こちらの記事を読んでみてください。

レンタルサーバーの選び方
エックスサーバーの登録方法


ワードプレスが設定できたら、いよいよサイトやブログを運営していきます。

当サイトには初心者向けのワードプレスの使い方についての記事もたくさんありますので、ぜひ参考にして素敵なサイトを作ってくださいね!