こんにちは。ジュンです。

じゅん

URL正規化を行い、サイトにある複数のURLをひとつにまとめる方法を説明します。

URL正規化とは

URL正規化とは、普通にドメインを使っていると、URLが複数で使われてしまう事があります。

その複数で使われているURLをひとつにまとめることを、URL正規化といいます。

 

URL正規化することで、

・SEOに効果的である

・ページが分かれないためサイトの評価が下がらない

正規化されていないURL

URL正規化されていない場合でよく見かける例を紹介します。

httpsかhttpか

https://abc.com/

http://abc.com/

上記2つのアクセスで確認すると、両方とも表示されてしまいます。

 

対策方法

使っていないURLに対して、301リダイレクトで転送する。

現在はhttpsが主流となっています。

 

wwwがあるか、ないか

http://www.abc.com/

http://abc.com/

上記2つのように、両方でアクセスされてしまう。

Googleも両方のページを違うページと判断しているが、お客が見た目はまったく同じに見える。

 

対策方法

使っていないURLに対して、301リダイレクトで転送する。

 

URL末尾にindex.htmlがあるか無いか

http://abc.com/index.html

http://abc.com/

上記2つのように、両方でアクセスされてしまう。

Googleも両方のページを違うページと判断しているが、お客が見た目はまったく同じに見える。

 

対策方法

使っていないURLに対して、301リダイレクトで転送する。

 

正規化方法

・URLの片方を301リダイレクトする(.htaccess)

・canonicalを使って正規化する

上記の方法を使えば、複数になっているURLをひとつにまとめることができるので、

URL正規化することができます。

 

ここで紹介した方法が、URL正規化の全てではありませんが、

大きなサイトになるほど、改善ポイントが増えていくので、ぜひ自分のサイトもご確認ください。