SIRIUS(シリウス)の使用方法【基本編】初心者がカンタンに早くサイトを作る方法

シリウス ホームページ 使い方

SIRIUS(シリウス)をダウンロードしたら、さっそくサイトを作成してみましょう!

 …とその前に

「ホームページ作るのって難しそう」と、

心のどこかでそう思っていませんか?

 たしかに、アフィリエイト初心者が、途中で挫折する理由の1つに

「サイト作成が難しい」

「サイト作成に時間がかかる」

というのがあります。

でも大丈夫!

SIRIUS(シリウス)なら、パパッと簡単に素敵なサイトが作れちゃいます。

ayuayu

なぜかといえば、私自身も少し前まで「サイトを作ったことなんてなかった」からです。そんな初心者の私でも、SIRIUS(シリウス)なら簡単にサイトを作ることができます。

ではさっそく、シリウスでサイトを作ってみましょう!

POINT

記事はあらかじめwordなどで書くほうが効率よくできる!

シリウス ホームページ用のword画面

このように、記事はあらかじめwordなどで書いておいてから、SIRIUS(シリウス)にコピペして入れるようにすると、効率よく作業できます。

SIRIUS(シリウス)ホームページは簡単にサイトを作成できるソフト!


ここにボタンの内容を記載

SIRIUS(シリウス)を起動する

これがSIRIUS(シリウス)のアイコンです↓

シリウス ホームページの使い方

ダブルクリックして起動します。

初めて起動したときは「ライセンス認証」画面が出てきます。

シリウス ホームページ認証画面

ダウンロード~ライセンス認証については別ページで解説していますので、そちらをご覧ください。

SIRIUSのダウンロード方法>>

ライセンス認証が終わると、このように動作モードの設定画面が出てきます。

シリウス ホームページのモード画面

ここで「どちらを選べば良いのか?」なんですが、

初心者モードと通常モードは、途中で変更ができるのでどちらでも大丈夫です。

初心者モードの場合、このようにナビが表示されます。

シリウス ホームページ初心者モードの画面

ナビに言われた通りに進むだけで、ホームページが完成できちゃう、初心者にはありがたいモードです。

SIRIUS(シリウス)初心者モードの

レビューはこちら>>

ですが「細かい設定や装飾はできない」ので、最終的には通常モードに切り替えをおすすめします。

なので今回は、通常モードでご紹介していきますね。

シリウス ホームページ設定画面

通常モードを選択して、「はい」を選択します。

シリウス ホームページ設定方法3

ちょっとだけ時間がかかります。

シリウス ホームページ設定方法 

初期画面が出てきました。

左上の「新規作成」をクリックします。

1.サイト全体の設定をする

次に「サイト全体の設定」画面がでます。

必要な項目を入力

ここで最初に入力するのが、赤枠の部分です。

シリウス ホームページ サイト全体の設定画面

上から順に説明すると

<左側>

サイト名

サイトの名前(タイトル)を入れます。Googleの検索結果に表示されます。

シリウス ホームページの使い方

サイト説明

見出し(H2)の下に表示する、サイトの内容を説明する部分です。

シリウス ホームページ使い方

H1テキスト

サイトの左上に表示する、見出し(H1)を入れます。H1は「大見出し」なので、キーワードを盛り込むようにします。

シリウス ホームページ使い方

ヘッダーテキスト

ヘッダー画像にかぶせて表示される見出し(H2)です。H2は「中見出し」です。こちらもキーワードを盛り込みます。

シリウス ホームページの使い方

METAキーワード

検索エンジンに“サイトの内容を伝えるためのキーワード”を入れます。キーワードが複数ある場合は「,(カンマ)」で区切ります。

METAキーワードにはSEO的な効果はなく、検索順位には関係ありませんが、一応入れておいた方が良いでしょう。

META説明文

Googleの検索結果の、サイト名の下に表示されます。検索エンジンを利用するユーザーに“どんなサイトか”を説明します。

シリウス ホームページの使い方

META説明文は、キーワードを盛り込んで、110文字以内にします。

※META説明文を入力しない場合、ページの最初の部分が表示されます。

※設定したMETA説明文にキーワードが入っていないと、本文中のキーワードが入っている文章を説明文として使う場合があります。

(検索エンジンが、本文中の文章の方が重要と判断するからです)

サイトURL

サイトのトップページのURLを入力します。

<右側>

テンプレート

右側の「参照」ボタンから、好きなテンプレートを選びます。

ヘッダー画像

訪問した人が最初に目にする画像です。

シリウスの使い方

全て入れると、このようになります。

 

テンプレートの設定方法

シリウスの使い方

右側の参照ボタンをクリックすると、テンプレートが選択できます。

シリウステンプレート

左側に、ずらっとテンプレート名が出てきます。

シリウス設定方法

好きなテンプレートを選んで、選択ボタンを押します。

サイトのカラム設定方法

カラムは「1カラム」「2カラム」「3カラム」があり、1カラムか2カラムがおすすめです。

1カラム サイドメニューがなくシンプルなページ
2カラム サイドメニューがついて2列のページ
3カラム サイドメニューがついて3列のページ

どのカラムを選ぶかは、ページの内容にもよりますが、

アフィリエイトの場合「1カラム」か「2カラム」を選ぶことが多いです。

「3カラム」は殆ど使いません。

なぜ3カラムは選ばないの?

3カラムは画面の情報が多すぎるので、読んでいる人が集中しにくいため「言いたいことが伝わりにくい」のです。

ペラページやコンバージョンに繋げたいページは「1カラム」にすることで、しっかり読んでもらえるページになります。

ページ数が多い場合は「2カラム」でも良いでしょう。

 

ヘッダー画像の設定方法

シリウスの設定方法

右にある参照ボタンをクリック。

シリウス設定方法

ヘッダー画像がずらっと入っています。上のフォルダにも、新しく追加された画像が入っています。

画像を選んで「開く」をクリック。

シリウス設定方法

OKをクリックして、とりあえずサイト設定は完了です。

 

2.記事を入れる

サイトの設定ができたら、

・記事のタイトル

・記事の画像

・記事の本文

を書いていきましょう!

タイトル・本文を入力

シリウスに記事を入れる

まず「記事タイトル1」と「本文」を入れます。

タイトル1はH3のことで「小見出し」になります。

見出しの使い方

見出し(Hタグ)は、SEO上でとても大切な役割をします。

H1がSEOで一番重要な見出しになり、次にH2、H3の順に重要になります。

これらの見出しには、キーワードを盛り込んだ見出しを付けるようにします。H4以降はあまり重要ではありません。

・H1=大見出し

・H2=中見出し

・H3=小見出し

・H4~H6=見出し

プレビュー画面を押してみると…

SIRIUSプレビュー画面

このように確認ができます。

これで見出しと本文が入りましたね!

まれにプレビューがテキストで表示されてしまう時があります。

その場合の対処法は下記のページでご紹介しています。

 SIRIUS(シリウス)でプレビューが表示されない!対処法は?>>

画像を入れる

次に画像を入れてみましょう。

まず、使いたい画像を用意します。

(今回は無料画像をダウンロードしました)

上の赤枠の部分をクリックします。

画像管理の画面が出てくるので、先ほどの写真をドラッグします。

altタグを入れます。

altタグは入れなくても大丈夫ですが、入れておくことをおすすめします。

(もちろん、後からでも入れられます)

altタグについての説明はこちら>>

 

altタグには“どんな画像なのか”の説明を入れます。

このとき「パソコン」「女性」などの単語だけよりも、

「パソコンを使う女性」のような入れ方をした方がいいです。

ここにはキーワードを入れた方がいいですが、無理に入れなくて大丈夫です。

画像の大きさを指定したい場合は、こちらに入力します。

OKをクリックします。

記事画像1にタグが入りましたね。

次に、右の画像位置を選択します。

左回り込み 

左回り込みの画像

左に画像、右に文章が入ります。

右回り込み

右に画像、左に文章が入ります。

 中央揃え

真ん中に画像、その下に文章が入ります。

見出しを入れる

本文が書けたら「見出し」を付けます。

<h4>見出しを入れます</h4>

本来ならば、上のように見出しをタグで入れていく必要がるのですが…

SIRIUS(シリウス)の場合は

ボタンをクリックするだけで、見出しを付けることができるんです!

このように、見出しにしたい文章を選んでh4のボタンをクリックします。

見出しが入りました。

プレビューで確認すると…

このように見出しが表示されています。

以上のやり方を基本に記事を入れていけば、あっという間にサイトが作れます。

ここまでが、サイトを作る基本的なやり方です。