内部要因

ページ最終更新日

対象ページの内容が更新された最終日時。

ページの更新頻度により検索エンジンが対象ページへ訪れる頻度も変わるので、SEOにとってもよろしいとされるが、あまりにも頻繁に更新が繰り返されているとシステムが自動で更新していると検索エンジンが判断し、評価が下がるとの説もある。

ページHTMLエラー数

対象ページhtmlに含まれるw3c基準に沿わない記述数。

対象ページのソースコード(htmlなど)は検索エンジンが直接見る部分であるので、解読しやすいコード仕様にするのがよいと思われる。

サイトテーマ統一性

対象サイトに含まれるページのうち、対策キーワードに関連するページの割合。

対象サイトに対策キーワードに関するコンテンツが含まれるページが多ければ多いほど検索エンジンはそのサイトが対策キーワードに関する情報に強いと認識すると思われる。

h3内キーワード比率

対象ページのh3タグ内文章中の対策キーワード出現率

h2内キーワード比率

対象ページのh2タグ内文章中の対策キーワード出現率

h1内キーワード比率

 

対象ページのh1タグ内文章中の対策キーワード出現率。h1タグ内文章は検索エンジンが対象ページを評価する際に対象ページのテーマを判断する要素の一つとなると思われる。よってSEOにおいてh1タグ内に対策キーワードを含む事は基本とされている。

h1タグコピーページ数

対象ページからリンクを貼っているサイト内ページのうち、対象ページと同一のh1内容を持つページ数。対象サイト内の複数ページのh1タグ内が同一だと検索エンジンが評価する際に同じようなページがあると判断される恐れがあり、SEOにとってよろしくないと考えられる。

メタタグ内KWD比率

対象ページのメタタグ内文章中の対策キーワード出現率。メタタグはやはり検索エンジンが対象ページのテーマを判断する上で重要とされており、SEOの観点からもやはり重要だと考えられ、メタタグ内に対策キーワードを含める事はSEOの基本とされている。

タイトルタグ内KWD比率

対象ページのタイトルタグ内文章中の対策キーワード出現率。タイトルタグ内文章はSEOに大きな割合を果たすと言われており、タイトル内に対策キーワードを含めることはSEOの基本とされている。

タイトルタグコピーページ数

対象ページからリンクを貼っているサイト内ページのうち、対象ページと同一のタイトル内容を持つページ数。

総単語数

ページに含まれる単語数(2回以上出現もカウント)のこと。

対策キーワードの属するテーマについての文章や、文中に不自然に対策キーワードが出現する文章でなければ、文章はSEOにおいて重要なファクターだと言われている。

単語の種類

ページの文章で何種類の単語が使われたか。

検索エンジンは、単語を多く使ったページを好む傾向があると思われる。

alt内キーワード比率

対象ページに含まれるイメージタグのALT要素における対策キーワードの出現率。

altタグ内の文章も検索エンジンはコンテンツとして認識していると思われる。本来、altタグの意義は画像がなんらかの理由で表示できない場合に代用するテキストを入れるタグであるので、不自然に対策キーワードを含めるのはよろしくない。

キーワード比率

対象ページに含まれるテキストにおける対策キーワードの出現率のこと。

キーワード比率も多い方が良いと考えられているが、対策キーワードが文章中に不自然な形で配置されていたり、出現する割合があまりにも高いと検索エンジンが不正と見なす場合があるので、割合を高めすぎるのも注意が必要。

サイト内リンクテーマ統一性

対象ページに向けてリンクを貼るサイト内ページのうち、対策キーワードを含むページの割合。

対策ページを含む対策サイトが対策キーワードに関してのサイトならば自然と対策キーワードが含まれるはずである。

サイト内KWD関連リンク数

対象サイトに含まれるページのうち、対象ページへリンクを貼っている対策キーワードに関連するページ数。

こちらの項目が多ければ検索エンジンが対象サイトを評価する際に、対策キーワードについての情報が豊富にあると評価すると思われる。

キーワード関連ページ数

対象サイトに含まれるページのうち、対策キーワードに関連するページ数。

こちらの項目が充実していれば、検索エンジンが対象サイトを評価する際に対策キーワードについての情報が豊富にあると評価すると思われる。

サイトボリューム

対象サイトに含まれるページ数。

サイトに属するウェブページが多ければ多いほど検索エンジンに評価される傾向があり、それらのページが同じテーマ、コンセプトに基づいて作られているならば、そのサイトのテーマ、コンセプトのコンテンツが充実していると検索エンジンが評価すると思われる。